1. ホーム
  2.  > プラモデル
  3.  > 航空自衛隊
  4.  > ハセガワ 1:72 三菱 T-2  C4

ハセガワ 1:72 三菱 T-2  C4

解説

三菱T-2は、航空自衛隊の超音速練習機です。当時航空自衛隊はF-104Jの配備、F-4EJの導入決定などそれまでのF-86Fに比べ格段の飛行性能を持った航空機が主流になりつつありました。このためそれらに搭乗するパイロットの教育が問題になりました。このため航空自衛隊は、新たな超音速ジェット練習機の導入をすることになりました。当初は 当時アメリカ空軍が使用していたT-38か新たに国内開発をするか検討されましたが、国内開発に決定されました。防衛庁技術研究本部は国内航空機メーカーに仕様を提出し1967年9月に三菱重工を主契約者とし、他社も生産に協力する形でX-T計画がスタートしました。X-T計画は、復座の双発練習機計画ですが大きな特徴として同時に支援戦闘機(FS-X)に発展できるということが最初から求められていました。1968年3月XT-2計画は試作に関する第1次計画が結ばれ、1969年4月モックアップが完成しました。その後、試作1号機は、1971年4月23日にロールアウト、同年7月20日初飛行を行いました。T-2の機体概要は、復座、双発でエンジンはイギリスのロールスロイス社製チュルボメカ・アドーアMk801Aアフターバーナー付きで最大推力は3,310kgです。主翼は高翼式で9度の下反角を持ったクリップドデルタ翼で、最大の特徴は横方向コントロールをエルロンをやめてスポイラーに変更した点です。これは、主翼フラップの面積が大きく取れることを考慮したものです。超音速機の難関の一つである空気取り入れ口は周囲に6箇所の補助空気取り入れ口を設けた固定ランプ式です。固定武装はM61A-1バルカン砲を搭載します。また、搭載レーダーは三菱電機が開発した国産のJ/AWG-11レーダーFCSを搭載していますがこれらは、戦闘機操縦基礎課程で使用されるT-2前期型には搭載されていません。

T-2練習機は、上記の通り前期型、後期型の2機種がありました。T-33Aで基本操縦課程を終了しウィングマークを取得した学生は松島基地で戦闘操縦基礎課程に入ります。このとき使用されるのがT-2前期型で、学生はT-2による超音速飛行や操縦に関する基礎知識を学びます。これを終了した学生は次の戦闘操縦課程に進みます。このとき使用されるT-2後期型は、レーダー、バルカン砲を装備した機体で射撃など戦闘機の操縦運用を学び、これを卒業した学生パイロットは各実戦部隊に配属されていきました。1975年松島基地に配備されたT-2は30年近く学生訓練に使用されてきましたが、2004年に後継をF-2Bに譲り訓練飛行から引退しました。

定価 1,080円(税込)
販売価格 756円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
ホビーショップ・ブルーおやじ
私が店主です
ブルーインパルスをこよなく愛するおやじです。
商品にも愛情をこめてお届けいたします。
ブルーインパルスと自衛隊関連商品の品揃えに気合いを入れています!
店長日記
2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
赤字の日は一応定休日としていますが、余程の事が無い限りご対応いたします。 又、カートや受注は年中無休です!