1. ホーム

ハセガワ 1/48 三菱 F-2A PT27

解説

三菱F-2は、航空自衛隊の支援ジェット戦闘機です。本機には単座のA型と複座のB型があり、複座型は主に教育訓練用に使用されています。

航空自衛隊は戦闘機、爆撃機などの脅威はF-15J要撃戦闘機。艦船、戦車などの脅威はF-1支援戦闘機で防御する体制を取ってきましたが、F-1は機体の老朽化による退役が始まっています。
このF-1の後継機として、日米共同で開発された機体がF-2です。

開発当初にFS-Xと呼ばれた本機はF-16をベースに、現在の最新技術を駆使した設計となっています。
外形の特徴は、F-16よりも一回り大きくなった胴体と主翼、新型レーダーを収めるために大型化したレドーム、低空飛行時におけるバードストライク(鳥との衝突)に対処した3分割キャノピーなどがあげられ、主翼などの機体各所には、日本が世界に誇る炭素系複合材料が使用されており、機体重量が低減されています。

この他、T-2CCV機の実験結果を反映したCCV技術も導入、航空自衛隊機では初のフライバイワイヤ式サイドスティックが採用され、安全かつ優れた飛行性能を実現しています。

搭載兵器は、主翼と胴体併せて11箇所にも及ぶステーションに空対空ミサイル、対艦ミサイル(国産のASM-2等)、各種爆弾、増槽タンクが装備できます。

部隊配備は2001年4月に三沢基地の第3飛行隊から始まり、今後、航空自衛隊は残っているF-1やF-4EJ改の代わりにF-2を配備していく事になり、F-15J要撃戦闘機と共に21世紀の日本の空を守ります。

《データ》
乗員:1名(F-2Bは2名)全幅:11.13m(翼端ランチャー含む)、全長:15.52m、全高:4.96m、エンジン:ジェネラル・エレクトリック F110-GE(IHI)-129、推力:17,000lb(アフターバーナー最大出力29,500lb)x1基、離陸重量:20,517kg(AAMx2、ASMx4、600galタンクx2搭載時)、固定武装:M61A-1 20mmバルカン砲x1門、最大速度:マッハ2.0、初飛行:1995年10月7日(XF-2A1号機)

定価 2,808円(税込)
購入数

売り切れ

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
ホビーショップ・ブルーおやじ
私が店主です
ブルーインパルスをこよなく愛するおやじです。
商品にも愛情をこめてお届けいたします。
ブルーインパルスと自衛隊関連商品の品揃えに気合いを入れています!
店長日記
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
赤字の日は一応定休日としていますが、余程の事が無い限りご対応いたします。 又、カートや受注は年中無休です!